ホーム>OFFICIAL BLOG>日記>東京の永武さん
日記

東京の永武さん

昨年の11月、同姓の人間が京都で店をやっていると東京の永武さんははるばる東京から会いに来て下さいました。
同じ漢字で永武って、なんらかのかたちでつながっている人しか出会わなかっただけに衝撃でしたthunder
その時に名刺を頂いて、もうひとつびっくりした事が、親父のおじさんと同姓同名だったんですhappy02
そのおじさんは京都の美山町に住んでおられるのですが、今日東京の永武さんが新幹線に乗り、レンタカーを借り美山町のおじさんに会いに行ってくださいましたrvcar
同姓同名のご対面の後にお店にも来ていただき、僕も約半年ぶりの再会で楽しくお話させていただきましたhappy01
永武さん、ご来店ありがとうございましたhappy01なんか変な感じbleah(笑)
九州や横浜の方にも永武さんがいるらしいので機会があればお会いしたいなhappy01

グリューナー.jpg
今夜のワインwine
まず、ワインの説明book
オーストリービオディナミのパイオニア『ガイヤーホフ』ガイヤーホフは1988年からビオディナミや有機農法に転換し、畑の手入れや収穫を手作業で行っています。ガイヤーホフはオーストリーを代表する白葡萄品種グリュナー・フェルトリナーのみで造るワインがとても有名。 酸味とミネラルたっぷりでスッキリとした辛口で上品な優しい味わいのワイン。和食に、アペリティフに、食後に最適です。
だそうですhappy01
オーストリーのワインの特徴なのか、最初の何杯かグラスにワインを注ぐと微発泡まではいかないけれど細かい泡が立ち上がりますgood
このワインは危険・・・グイグイ飲めてしまいますsweat01
口に含むと、甘くはないけど、ヨーグルトに砂糖を少し入れたような程よい酸と果実味。
美味しいhappy01旨みもあって旨いワインwine
幸せな時間ですhappy01shine
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chef-nagatake.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/320