ホーム>OFFICIAL BLOG>2016年3月

2016年3月

岩見 博 遺作展

移転前のレストラン ナガタケの店内を華やかにしてくれていたものはアーティストでした。
写真家さんや彫刻家さん、水彩画に油絵など・・・
今回ご紹介は油絵の画家岩見さんです。
岩見さんと岩見さんの絵との出会いは、常連様からのご紹介で一緒に食事に来て下さった時です。
その時に岩見さんが描いた絵の絵葉書を見せてもらいました。
僕はフランスが大好きなので岩見さんが描くフランス(描かれていたフランスのカフェの絵)に引き込まれてしまいました。
岩見さんから、自分の絵を飾らせて欲しいと申し出があった時はほんとうに嬉しかったです。
数か月後、岩見さんと奥様が数点の絵を持って来てくださり、第一回目のレストラン ナガタケでの個展が始まりました。
個展が始まってからは僕自身が嬉しくて嬉しくて。だって毎日絵を見せていただいて、まるで個展で働かせてもらってるような感じでしたから。
一回目の絵を飾らせていただいたのは9月、しばらくたったくらい翌年の2月に新しい絵に変えたいとおっしゃっていただきました。
第二回目の絵は岩見さんだけで持って来られました。来られた時はまだお客様がおられたので、そう伝えると時間をつくって待ってくださってました。外には雪が散らついていました。なんかすごく記憶に残ってます。(ブログをさかのぼると2015年2月19日に絵の更新をしています)この時、前回僕が一番気に入ってた絵を覚えてくださっててプレゼントしてくださいました。小さい絵ですがフランスを感じる絵です。
岩見さんから今回の絵を選ばせていただき、どの絵をどこに飾ろうかと楽しく話しをし第二回目の個展の始まりです。
2回目の個展が始まってしばらくした頃くらいから、お客様が岩見さんの絵を見てくれてるんです!!一回目には見れないかった光景で、ほんとに個展に来て見て行ってる感じがしました。すごいなぁと感じたのを覚えています。次に岩見さんとの連絡がある時には報告しないとって。
2回目の個展から2ケ月後、岩見さんを紹介してくださった常連さんから連絡があり3月に岩見さんが亡くなったと(病死です)
びっくりしました。だってつい最近絵を持って来てきてくださったのにって。正直今でも信じられないです。
今思い返すと岩見さんが亡くなったあたりから、お客様が絵に興味を持ち見てくださったのかなって思う。
奥様が言ってられました。ナガタケさんに飾ってもらうために沢山の絵を描くようになったと。
ナガタケに合う絵を描いてくださってたのかもしれません。
岩見さん、生前に16年3月8日~13日まで自分でギャラリーの予約をされていました。亡くなったのは15年3月8日です。
自分で自分の命日に・・・もしかしたら神様が自分の命日に個展を開かせてくださったのかもしれません。
昨日、木曜日に行ってきました。ちょこっと御覧ください。
201631231227.jpg201631231313.jpg201631231348.jpg201631231419.jpgすべて僕のお気に入りです。
13日まで。???明日まで・・・
すみません連絡が遅くんって。機会があれば是非!!
大津市大路1丁目7-1-108 タワー111 1F
岩見 博 遺作展

販売もされてます。
僕が欲しいのは・・・売れると困るので内緒です(笑)

現在のナガタケは和風な雰囲気になり、岩見さんの作品が沢山展示できなくなりました。
でも一点、岩見さんと共にお客様をお出迎えしたいと思い、入って正面に展示させていただいております。